頭皮を洗うシャンプー

 

 

ドラックストアなどには、たくさんの種類のシャンプーが並んでいますよね。

どのくらいの種類かご存じですか?

なんと
日本には1万種類を超えるシャンプーがあるそうです。

これでは多すぎて選びきれない・・・!
こんなに種類がありすぎじゃないのって思うのは私だけではないはずです。

そんなシャンプーの種類が多くなってしまった理由は、
なんと私たちのユーザーの声が反映されたからだそうです。

シャンプー開発メーカーについて

そもそも、
私たちがそれぞれ顔や体質が違うことから、1つの商品で誰でもOKというのは難しいことなんです。

男性
女性
年齢
頭皮の状態
髪の質

普通に考えてもこれらは人によって違いますよね。

加えて、使った時の泡立ちや脂が落ちるスッキリ感、香りも重要ですよね。
いわゆる使用感というやつです。

これらのニーズをもとにコストを抑え安定的に安価で生産するとなると、使う成分や配合比率に工夫が必要となります。

カラダに良いとされるオーガニック(化学合成品、保存料、着色料を使わない)成分は、品質管理や原材料の価格、希少性、調達できる量などが不安定のため、コストを抑えて大量に生産する製品に使用することは難しいです。

だから、必然と安価な化学合成品を使うことが多くなります。

そして忘れてはならないのが、私たちの直感的な感覚が洗浄力の強い化学合成原料で作られたシャンプーのほうがスッキリ感が得られ、ユーザーのニーズにマッチするという点です。

成分は化学合成品のほうが洗浄力が高い

私も以前は価格が高い高品質のシャンプーは洗浄力が高く、汚れや皮脂等の油に対して、ものすごく劇的に落ちるのだと思っていました。

ところが、高価で高品質なシャンプーは意外と洗浄力はマイルドで、適度な脂分と保湿力が保てることが強みだったんです。

実際は化学合成品は洗浄力が高すぎるため脂分が落ちすぎて、必要な皮脂までおとしてしまい、頭皮が乾燥してフケやかゆみの発生源になることがあるようです。

さらにカラダが皮脂を補うために分泌量を増やすといった悪循環が生まれます。
その後、カラダは皮脂の分泌する限界をむかえ、一気に皮脂の分泌が減ってしまいます。

潤いを保てなくなった頭皮は乾燥し栄養分を取り入れることができず、次第に薄毛になってしまうようです。

私たちユーザーの求めるスッキリ感(強力な洗浄力)は長い目でみると頭皮に負担をかけているようです。

シャンプー選びが簡単になる記事はコチラ ↓

シャンプー選びのコツ 洗浄成分から見た特徴について

美容師さんからみた市販シャンプー

シャンプー使いのプロである美容師さんに、市販のシャンプーを「どのように見ているのか」「選ぶときに必要なポイント」などをリサーチしてみました。

ドラッグストアなどで売られている1,000円くらいのシャンプーは、洗浄力とコーティング力が強すぎる商品が多くオススメできない物も多いそうです。

メーカには「泡立ちが悪い」とか「汚れがしっかり落ちていない」などの意見が多くよせられていることから、さらにスッキリ感やサッパリ感を追求せざるを得ない状況なのです。

そうなると商品を作るうえで洗浄力の強さっていうのが優先されてしまうのだと。

本来、シャンプーを使う人の髪質や頭皮の状態を考えなければならないところなんですが、脂や汚れを落とすのに界面活性剤というの使用するんですね。
この界面活性剤の洗浄力が強過ぎるものが多いですね。

この洗浄力が強すぎる商品を使い続けてしまうと、髪の毛の外側で髪を保護しているキューティクルが剥がれやすくなってきます。

キューティクルが剝がれてしまうと、髪にダメージのある人はパーマのもちも悪くなります。

あまりに強い洗浄力は脂分を全て洗い流してしまいます。
乾燥しやすい頭皮をお持ちの方については発疹ができたり、かゆくなったりがよく発生してしまうんですね。

加えて頭皮が脂性の人は、あまり強い洗浄力で脂分を取りすぎてしまうと、その脂分を取り戻そうとして体が一斉にに皮脂を分泌するということになってしまうんです。

シャンプーをしてあまり時間が経たずに、頭皮がベタついて嫌な臭いがする方は、もしかしたらシャンプーの洗浄力が原因かもしれないですね。

洗いあがりのツヤやしっとり感を出すために過剰にコーティング力を強めた商品を使った場合、質の悪いシリコンで頭皮までコーティングしてしまうこともあるそうです。

良質のコーティングはお湯で流すと落ちますが、質の悪いシリコンは一度付着するとナカナカ落ちません。
洗い残しが多くなり、毛穴をふさいでしまい皮膚呼吸ができず薄毛のトラブルになることもあります。

だから、
美容師が選ぶものは、低刺激で優しく洗浄力を抑えたシャンプーを使うようにしています。

まとめ

シャンプーの種類が多いのはユーザーのニーズが反映されているから
安価なシャンプーはコストの関係から化学合成品を原料としているものが多く洗浄力が強すぎる
オーガニックシャンプーは品質管理や原料の価格が高いため高価になりやすい
洗浄力が強すぎるシャンプーは必要な脂分まで落としすぎて薄毛トラブルになることもある
シャンプーは長い目でみると、低刺激で優しく、洗浄力が高すぎないものを選ぶのがコツ

以上が今回リサーチしたシャンプーについての内容です。

今後のシャンプー選びに役に立てれば幸いです。

髪に優しい低刺激なシャンプーの記事はコチラ↓
【チャップアップシャンプー】美人モデルでタレントの「ダレノガレ明美」さんも愛用するシャンプーは育毛のため?